おまとめローンと借り換え

おまとめローンのメリットは、やはり複数のクレジット会社の借金を1本に整理できる事だと思います。そもそもあまり多くの会社から借り入れをしていると、その返済日などが色々と混乱する可能性があるのです。

例えば、金融会社AとBとCから借り入れをしているとしましょう。そして今月の返済日は、7日と13日と24日になっているとします。その7日と13日と24日は、それぞれどの会社の返済日なのかがよく分からなくなってしまう事は大いにあり得ます。

上記の例はせいぜい3社程度ですが、それが10社や15社などと増えてくると問題です。それこそ混乱してしまうと思います。

ところがおまとめローンを利用すれば、その返済日と借り入れ会社を1本にする事ができるのです。1本になれば、さすがに混乱しないと思います。そのため「複数のクレジットカ会社から借り入れをしていて、ちょっと返済日などで色々と混乱してしまっている」場合には、おまとめローンは非常に良い商品だと思う次第です。

消費者金融に関する本

消費者金融に関する本ってたくさんあると思いますか?
実は結構ありますが、そんなに需要があるものではないので売れません。
よって本屋に並ぶことも少なく、結果、多くの人が見たことないっていう状況になります。
考えてみたら、消費者金融に興味を持つのは主にお金を借りたい人と企業として就職したい人のどちらかです。
社会問題を指摘するような切り口の本だと一般の人にはあまり関心がないでしょう。

それに世の中にある本は取材を元にしたものですから専門的であり、ふつう、とっつきにくい内容になっています。

お金という実体がありそうでないものをめぐって繰り広げられる人間模様、無節操無計画な貸し手と借り手、どちらも一度動き始めたらなかなかその動きから出ることはできません。

借り換え可能で利便性の高いカードローン

カードローンは、銀行や消費者金融などの金融機関が発行するローンカードを使用して融資を受けることができるサービスです。最近では、ネットからいつでも申し込みができたり、提携しているコンビニのATMから借入、返済ができるなど、利用しやすくなっています。

カードローンは大きく分けて、銀行系のものと消費者金融系のものがあります。銀行のものは比較的低金利となっており、借入上限額も高く設定されているものが多いです。消費者金融のものは金利が少し割高になっており、総量規制対象となるため、借入可能な金額も年収の3分の1までとなっています。

長期的な借入利用を希望する場合は、銀行の方が金利負担が少ないのでお得です。ただ、ほとんどの銀行では、審査基準が厳しいことが多いので、その点審査が通りやすいとされる消費者金融の方が利用しやすいと言えます。また、消費者金融の中には、初めての利用の場合、一定期間無利息サービスを行っているところもあるので、短期間での借入利用ならお得となっています

また最近では借り換え目的で銀行カードローンを利用する人も増えています。総量規制の絡みもあって銀行にどうしても人気が集中するようです

積み立て定期預金

銀行預金と言ってまず思い浮かべるのは普通の人であれば普通預金や定期預金ではないでしょうか。他にも貯蓄預金や定額貯金といったものもあります。

こういった預金の中で1番評判が良いのは積み立て定期預金だと言われています。積立定期預金は、その名の通り、毎月決まった金額が普通預金口座から引き落としになり、定期預金として積み立てられていきます。

しかも、定期預金のみの金利を受け取ることができます。何も手を加える必要がないと言うのが大きな魅力で、まとまったお金がなくても始めることができ非常に手軽で堅実な預金になります。

便利な電子マネーがクレカに取って代わる?

小額の買い物だとクレジットカードで買うのってちょっと抵抗があるって人、多いんじゃないでしょうか?別に使えないわけじゃないけど、認証作業が入ってくるし、端末も専用のものに通さないといけないしで、まとまった買い物出ない限りはクレカは使わないって人、多いと思います。
でも、電子マネーなら大丈夫。
小額の買い物であってもカードや端末をかざすだけで気軽に決済でき、まさに現金感覚で使えます。
しかもクレカ同様にポイントが貯まる電子マネーもたくさんあるので現金派はますます減ってきていますね。まさにこれからのキャッシュレス化を担うポジションにあることは間違いないっと言って良いでしょう。
しかも、電子マネーだと、電子マネー独自のポイントが買い物するたびに貯まっていくんですが、電子マネーへの入金をクレジットカードで行えばクレジットカードのポイントも貯まるというお得ぶり。これを二重取りといいます。
ポイント還元も3.5%というクレカではありえない高還元率を誇るものまで出ています。
電子マネー、使わない手はないですよ。suicaやnanacoが人気です。

20180515224122

不動産のローンについては素人じゃわかりにくい

以前に不動産取引の経験があるのですが、契約書や説明書をざっと読んでみても取引の内容がまるで頭に入ってきませんでした。そんなこともあり、書類の作成は全て、不動産側におまかせしていました。それで今でも不動産のローンについては、まったく把握しているところがありません。

各種の手数料や印紙代や固定資産税についてはなんとかわかっていますが、その他の所有権の保存登記、移転登記、抵当権の設定登記などは、専門家の文章を読むまで、まったく把握すらもしていませんでした。不動産の取引とはそれだけ重要なので、幾つもの取り決めがあって諸費用が必要になるということなのでしょう。

しかしこうした専門的な不動産のローンの知識は、本当に素人じゃ難しいことだという感じもします。必要な計算式が存在することも、全く知らなかったわけですから。やっぱり今後もしローンの取引があるとしたら、専門知識を持っている専門家におまかせするのが一番だなと、そういった思いは、決して揺らぐことがありません。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

タクシー初乗りの値下げ

カードローンのシャッキ漬けの生活している人間にとってはうれしいニュースです。
タクシーの初乗りが410円になるというニュースを知った時、嬉しくなりました。もちろん気軽にタクシーを利用できるようになるからです。仕事で外回りをしているのですが値下げされた後、短時間の間にお年寄りが手を上げてタクシーに乗り込む姿を何度か見ました。
値下げはありがたいのですが個人的にはもっと早くそうなればよかったのにと思いました。子供が小さい頃、マイカーを持たない我が家は子供が高熱を出した時いつも困っていました。タクシーだとお金がかかることが気になり、ぐったりした子供を自転車の後ろに乗せていっていました。どうしても症状がひどい時は近くの病院であってもタクシーを呼ぶこともありましたが初乗り料金が高いことが気になり躊躇しました。カードローンの金利分なんて簡単に飛んでしまいます。

今回大幅に安くなり、410円というのは全然気分が違います。もう子供たちが大きくなりましたが家族の誰かが体調の悪い時、少しの移動に利用するのに抵抗がなくなり安心感につながりました。
今後は全国でもタクシーの初乗りを安くし、短距離を気軽に利用できる動きが広がってほしいと思います。

アメリカでは学生ローンが深刻な問題に

ニューヨークの連邦銀行によると、アメリカ人の学生さんで学生ローンを抱えている人はなんと4330万人もいるそうです。ローンの残高は総額で一兆2600億ドルと言われています。円ではありませんドルです。日本円に直すと、なんと128兆円にも達しているとのことです。そのうち滞納の知っている人の割合は11%を超えており、これはクレジットカードやカードローン曜日も高い割合になっているそうです。

アメリカでは、大学の学費を学生自らが負担することが珍しくなく、その財源として学生ローンを利用する人がたくさんいるそうです。しかし、アメリカでも仕事がだんだんなくなってきており、大卒の22歳から27歳の若者の失業率は実に20パーセント近くにまでなっているそうです。また大学をせっかく出てもそのうちの4割以上の学生が大卒でなくてもできる仕事に就職をしているそうです。学生ローンを借りてまで大学を出ているにもかかわらず、それに見合った仕事がないと言う状況なのだそうです。

今後この問題はアメリカの社会の闇の部分としてよりクローズアップされていくことと思われます。

フィンテック

フィンテックと言うのは、IT技術を用いた金融サービスのことで、従来は担当者が人力で行っていたことを、人工知能が自動で即座に判断してくれる仕組みのことをいいます。

いろいろな分野でフィンテックの企業が増えてきており、クラウドの会計サービスや家計簿サービス、家には資産運用のアドバイスのようなこともフィンテックの範疇に入るそうです。

さらに個人向けの小口の融資についてもフィンテックの技術を用いてかなりのスピードアップが可能だそうです。具体的には審査前の段階での予備審査を人工知能が行い、予備審査に通ればそのまま30分後には銀行の口座に融資のお金が振り込まれる、そんな世界がもう目前に迫っているそうです。
ソフトバンクとみずほ銀行が提携してそのようなスマホ専用の貸金業者のようなものを立ち上げましたね。今後はカードローンの形の新たなページに入っていくのかもしれません。