20150716095232

借り換えに大人気!住信SBIネット銀行の申込みの流れ

住信SBIネット銀行カードローン『Mr.カードローン』は、プレミアムコースと、スタンダードコースの、二つのコースからなるカードローンです。

プレミアムコースは、限度額が150万以上700万円までの方に、限度額に応じて適用金利が決定されるコースで
限度額が高くなるほど適用金利の下がるコースです。

限度額も150万以上200万まで・・・300万以上500万まで・・・600万以上700万までなど、8通りのコースがあり、
利用する金額が確実にこのぐらい・・・と分かっていて、高額の限度額を希望する場合は、お得に利用できるコースがいいかと思います。

スタンダードコースは、限度額が10万から100万以下のコースです。

プレミアムコース・スタンダードコース共に、申し込み方法は同じです。
先ずは申し込んで、審査を受けてからコースを選択することになります。

申し込みですが、先ずはWEBサイトにログインし、ネットローン開設の申し込みフォームに沿って必要事項を書き込んでください。
そちらを送信されれば、仮審査が行われます。
そして、仮審査が終われば、メールで審査の結果が連絡されます。
そこで、審査に通過していれば、仮審査承認額と金利も合わせて連絡があります。

仮審査承認額をみて、借入希望限度額を決め、コースを選択することになります。

本契約に際しまして、本人確認書類と、100万円を超える限度額を希望される方は、収入確認書類の写しを合わせて提出したら本審査に入り、
審査後ネットローンの口座開設となります。

カードローンの借り換え

借金をする人は、一社では収まらず、二社、三社と借り入れを繰り返す傾向があります。

当然、借金はそのたびに膨らんでいき、毎月の返済は金利分のみで元金はほとんどへらない借金地獄へと陥るケースもあります。

そこで注目されているのが借り換えです。

複数の借金をまとめて一本化することで、

金利が安くなる
返済の手間が一度で済む

などのメリットがあります⇒低金利なカードローンに借り換え

その一方、不便さもあります。

それは、どこでもが借り換えに応じてくれるわけではないということです。
特に、総量規制の影響を如実に受ける消費者金融の場合は法律上借り入れができないといったケースも十分にあり得ます。

中には、アコムやアイフルといった資本力のある大きな消費者金融はおまとめローンなどの商品をラインナップし、総量規制の影響を受けないような形になっているケースもありますが、多くの場合は銀行融資に限られることになります。

タクシー初乗りの値下げ

カードローンのシャッキ漬けの生活している人間にとってはうれしいニュースです。
タクシーの初乗りが410円になるというニュースを知った時、嬉しくなりました。もちろん気軽にタクシーを利用できるようになるからです。仕事で外回りをしているのですが値下げされた後、短時間の間にお年寄りが手を上げてタクシーに乗り込む姿を何度か見ました。
値下げはありがたいのですが個人的にはもっと早くそうなればよかったのにと思いました。子供が小さい頃、マイカーを持たない我が家は子供が高熱を出した時いつも困っていました。タクシーだとお金がかかることが気になり、ぐったりした子供を自転車の後ろに乗せていっていました。どうしても症状がひどい時は近くの病院であってもタクシーを呼ぶこともありましたが初乗り料金が高いことが気になり躊躇しました。カードローンの金利分なんて簡単に飛んでしまいます。

今回大幅に安くなり、410円というのは全然気分が違います。もう子供たちが大きくなりましたが家族の誰かが体調の悪い時、少しの移動に利用するのに抵抗がなくなり安心感につながりました。
今後は全国でもタクシーの初乗りを安くし、短距離を気軽に利用できる動きが広がってほしいと思います。

アメリカでは学生ローンが深刻な問題に

ニューヨークの連邦銀行によると、アメリカ人の学生さんで学生ローンを抱えている人はなんと4330万人もいるそうです。ローンの残高は総額で一兆2600億ドルと言われています。円ではありませんドルです。日本円に直すと、なんと128兆円にも達しているとのことです。そのうち滞納の知っている人の割合は11%を超えており、これはクレジットカードやカードローン曜日も高い割合になっているそうです。

アメリカでは、大学の学費を学生自らが負担することが珍しくなく、その財源として学生ローンを利用する人がたくさんいるそうです。しかし、アメリカでも仕事がだんだんなくなってきており、大卒の22歳から27歳の若者の失業率は実に20パーセント近くにまでなっているそうです。また大学をせっかく出てもそのうちの4割以上の学生が大卒でなくてもできる仕事に就職をしているそうです。学生ローンを借りてまで大学を出ているにもかかわらず、それに見合った仕事がないと言う状況なのだそうです。

今後この問題はアメリカの社会の闇の部分としてよりクローズアップされていくことと思われます。

フィンテック

フィンテックと言うのは、IT技術を用いた金融サービスのことで、従来は担当者が人力で行っていたことを、人工知能が自動で即座に判断してくれる仕組みのことをいいます。

いろいろな分野でフィンテックの企業が増えてきており、クラウドの会計サービスや家計簿サービス、家には資産運用のアドバイスのようなこともフィンテックの範疇に入るそうです。

さらに個人向けの小口の融資についてもフィンテックの技術を用いてかなりのスピードアップが可能だそうです。具体的には審査前の段階での予備審査を人工知能が行い、予備審査に通ればそのまま30分後には銀行の口座に融資のお金が振り込まれる、そんな世界がもう目前に迫っているそうです。
ソフトバンクとみずほ銀行が提携してそのようなスマホ専用の貸金業者のようなものを立ち上げましたね。今後はカードローンの形の新たなページに入っていくのかもしれません。

猛暑が続きますね。

8月もお盆が過ぎ、もうじき9月ですがまだまだ暑い日が続きますね。今日もうだるような暑さです。
こんな日に借金のことを考えるのは本当に気が滅入ります。どこかにお金が入ってくるあてがあれば良いのですが、実際のところはそうも言ってられません。貸してくれる所ならどこでも良いと思いきや、いざ借りようと思えば金利が高かったりするわけです。カードローンは大変便利なものですがなかなかその辺が難しいところですね。

オリンピックが花盛りです。今日は男子卓球の団体戦で銀メダルを取りました。ワイドショーでいろいろやっていたのですが、エースの水谷選手は、年収は一億円、貯金も一億円以上あるそうです。

卓球選手ならそこまでは難しいと思いがちですが、これは、おそらく水谷選手が卓球業界のイメージアップのためにビックマウスをわざとしているのではと言う話でした。一億円もあるといいですね。

三菱東京UFJ銀行のバンクイックが低金利に!

メガバンクである三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」が、金利の見直しをしたようですね。バンクイックの金利は、以前は、4.6%から14.6%と言う、銀行のカードローンの王道のような水準でしたが、今回の見直しにより、1.8%から14.6%と言う、かなりの低金利のカードローンになりました。

実は、下限金利が1.8%と言うのは、他のカードローンと比べて、トップクラスの低金利であることは間違いありませんが、他に全くないかと言えばそんなこともありません。例えば、住信SBIネット銀行や、じぶん銀行など、2%前後の下限金利を設定しているところは他にもいくつかあります。しかし、それでも三菱東京UFJ銀行のカードローンが注目に値するのは、限度額が500万円のままであるという点につきます。他のカードローンでは、限度額の最高は、800万円だったり、1000万円だったりします。つまり、2%前後と言う金利を獲得しようと思えば、800万円とか1000万円という限度額で契約をしなければいけなかったわけです。しかし、三菱東京UFJ銀行であれば、500万円で1.8%の金利を設定設定してもらえる可能性があります。これはカードローン借り換えなどで借り換え先を探している人には特にオススメの水準だと言えるでしょう。

意外に多いカードローン利用者

今日は梅雨の合間の何だかどんよりとした天気ですが、こんな日は何となく気持ちも沈みがちですね。
昨日は仕事仲間と話をしていたら、なんと銀行のカードローン利用者が2人もいました。どちらも問題なく返済ができているようですが、1人は2社から借りており、借り入れ額も100万円を超えているそうなので、金利の見直しを含めカードローンの借り換えを検討しているそうです。

意外なところに同じ環境の人がいてちょっとびっくりしました。カードローンはやはり金利がちょっと気になるのでできるだけ率の低いところに借り換えようとするのは皆同じなようです。

茨城県南部を震源とする地震について

20160519113914今日の夜、茨城県南部を震源とするM5.6の地震がありました。
私の住む福島県中通りでは震度3とそれほどの揺れではありませんでしたが、東日本大震災を経験している身としてはやはり毎回地震のたびにドキッとします。

当時は家も全壊し避難所での生活が続き、連日の余震に精神をすり減らしていました。
枕元に非常袋と靴を置き、外出用の服を着たまま眠る生活がしばらく続き、普通にベッドで眠れるようになったのは震災から半年以上経ってからのことです。
そのときに、地震に対する備えについて家族で話し合い、新しく非常食や懐中電灯等を買い求め、非常袋の中身を交換しました。

しかし、今回の地震でふと「そういえば、あの非常袋どこにやったっけ?」と思い、家族に訊いてみたところ、誰もその場所を思い出せませんでした。

20分ほどかけて探し、結局は押入れの1番奥に入れてあるのを発見しましたが、あれほど東日本大震災で怖い思いをしたのに、5年も経つとすっかり危機感もなくなるな、と、自分たちの意識の低さにガッカリしました。
世の中にはよくないと思いつつも行動を改められない人が大勢います。太るとわかりつつ食べることを制限できない、健康に悪いとしりつつタバコをやめられない、家計によくないと思いつつカードローン依存で借り換えまで検討している、、、などなど。どれも意識次第のはずなんですけどね。

これをきっかけに、改めて地震への備えについてしっかり考えたいと思います。

シャープのロボホンが欲しくなりました

シャープが来年発売予定であるロボット型電話ロボホンが面白いので価格しだいでは購入してもよいかなと思っています。カードローンの借り換え次第ですが、、、

形はロボット型ですが、二足歩行も可能であり、でんぐり返しもできる優れものです。音声認識と読み上げもできるのでメールの受信や返事も音声を認識してメールの文章に直してくれます。ロボット型のよいところは、自立しているので目立つところです。
ガラケーを保有していますが、いつもどこにおいたのかわからなくなるのは大きさだけでなく平置きすると見つけにくいこともあります。

カメラ機能とプロジェクタ機能も搭載しているので、自分で移動して映写できるところも便利です。
ロボット型をしているので話やすいと記載されていますが、確かに人間とおなじような形と顔をしているので同感です。

自宅の机に置いておき、友達に話しかけるように会話を楽しむこともできそうなので楽しそうな気がします。ダンスもできるみたいなので、好きなアーティストの動きをしてくれるとより親しみがわくと思います。

問題同士の融合合体

最近、報道の中で問題として取り上げられることが多いのが内戦から逃れヨーロッパに押し寄せるシリア難民です。
それ単体でも受入れ国にはかなりの負担なのですが、ここでさらに近年問題となっている「増えすぎた移民」と合わさることによりさらなる問題へと発展しているようなのです。

シリア難民だけが優遇されている!として、自国の貧困から逃れるために移民となるべくやってきた人々が反発を強めているのです。

まあ、命からがら逃げてきた難民と食い扶持を求めて流れてきた移民とでは同じ事情とみなす事はできませんが、定着でした場合最終的に引き起こす問題は結局似たようなものです。
元の国民との仕事の奪い合い、治安の凄まじい低下、文化の破壊。
そこに移民と難民の衝突でも重なった日には、目も当てられません。

しかし難民は仕方ないとして、そもそも移民は祖国の状況の改善に努めるか自国の惨状を国際社会に訴えるなりしてから移民という選択肢を取るべきだと思うんですけどねえ・・・。